L'oseraie  completion:2014 .10

photo by Takahiro shimokawa

Japanese

English

広島県三原市にあるこの建物は、利用されていなかった既存RC造の建物の1階部分を、リノベーション計画によって再生させたものである。
クライアントは近くで産婦人科医院を経営されている。医療の現場から女性の健康に寄り添う中で、かねてより「世代を超えた女性のためのケア・スペース」を創りたいという思いを抱かれていた。我々はその思いに共感し、この計画がスタートした。

既存の鉄筋コンクリート現しの建物を、クライアントの新しい取り組みに対し如何に包容する空間に変えていくかが大きな課題となった。敷地は住宅地の一角である。計画部分の既存躯体を覆い隠す事は容易であるが、そこには簡易的な解決しか見出せない。外観の奇抜さやデコラティブな表情はこの場所には馴染まないし、ケア・スペースとしては利用者に過度の刺激を与えてしまう。そこで、既存の状態を塗装のみの仕上げで見せながら内外をつくる事を選択し、物理的一体感と感覚的一体感~いわゆる総合的に調和の取れた空間づくりを目指した。さらに佇まいが浮くことなく、しかしながら新鮮な印象を与えるために、木製のルーバーを天井から外部に面する開口部まで配列することで既存建物との調和を図った。コーナーに曲線をもたせたルーバーは、立ち位置によって柔らかい表情をつくりだし、空間に奥行きを演出する。

女性のためのケア・スペースという用途から、この場所は様々なニーズに対応できる必要があった。カフェ、ショップ、ヨーガセラピー、料理教室等々、多種多様に展開するために、厨房カウンターを含む一室構成とし、造作家具、カーテン、椅子やテーブル、照明によって可変的な空間活用を可能にした。視覚と共に肌感からも安らぎを得られるよう、室内はさわりの良い木肌で包みこむように構成している。柔らかな色調は緊張を解きほぐし、照明の光彩を美しく拡散する。「女性」とひとことで表現しても、各々が生きている環境は様々である。当然のことながらこの場所を利用する人々の目的も多岐に渡る。よって誰もが好ましいと感じてくれる要素をクライアントと共に丁寧に考察しながら作業を進めた。家具の選択にいたるまで、その美観とあわせて使用感の良さも追求しながら選別している。

自らも女性という立場で、医療の側面から女性に接しているクライアントの深い考察について、いかに建築を通して具現化していけるかはクライアントとの十分な連携にかかっていた。
丁寧に対話を積み重ねながら展開してきたこの計画は、我々にとっても大変に意義深いものとなった。

L'oseraieという名称には、フランス語で「自立」という意味もあるらしい。
様々な選択肢によって様々な環境で生きる女性が、自らを大切に、そして内在している強さや可能性によって自身の手で豊かな人生を築いてほしい~という願いが込められているそうだ。この名称は、クライアントであるオーナーが、ご自身の大切な方々と一緒に一所懸命
考えられたと聞いている。我々が建築を通して、その願いの一端でも手伝えることが出来たとしたら幸いである。
This building is located in Mihara City, Hiroshima Prefecture and the first floor of the RC building which had not been used were renovated. The client runs a gynecology clinic nearby. What this client had in mind was to create "care space for women beyond the generation' as she takes part in the medical field of women's health. We sympathized to this thought and the project began.

Our big challenge was how to turn this building which has appearance of concrete building into the space which embraces our clients' new initiatives. The site is located in the residential area. Although easy way was to cover the existing building but there is only a simple solution for this. An unconventional or decorative looks will not be suitable for this place and these will give excessive stimuli to the patients as a care space. Therefore, we decided to paint finish the existing exterior and interior and aimed to create a space with physical sense of unity and intuitive sense of unity which have good harmony as a whole. Also, we tried to harmonize the existing building by arranging the wood louvers from the ceiling to the opening toward outdoor in order to obtain fresh impression without giving feeling of out of place. Louver with the curve in the corner will produce a depth in space and soft look depending on where one stands.

This place is required to accommodate various needs as this is the care space for women. We have planned one room with a kitchen counter as it needs to accommodate various usage such as a cafe, shop, yoga therapy, cooking class and so on. Fixtures, curtains, tables and chairs and lightings made it possible to utilize the space for various purposes. In order to provide peacefulness both visually and with sense of touch, the room is surrounded with woodgrain which offers touching comfort. Soft color tones will loosen the tension and spread the beautiful glow of lighting. Each woman has different life and environment and of course, the purpose of women who will use this place will vary. Therefore, the client and we carefully consider and agree on the elements which every woman will like. We selected the furnitures by considering both beauty and good sense of use.

The client is also a woman and has been involved with women in a medical field and in order to embody her deep thoughts into the architecture, we needed to have a complete cooperation with the client. This plan has been truly significant for us too as we have communicated with the client thoroughly.

The name L'oseraie also has meaning as "self-reliance" in French.
It is named with the hope that women in various environment and needs can cherish and enrich their lives by themselves with their internal strength and the possibility. We've been told that this name is selected after our client had consulted with her significant others. We are happy to be able to help the client to make part of her wishes come true through our architecture.

▲ページトップ