大洲の家  House of Ozu completion:2012.05

photo by Touru kitamura

Japanese

English

愛媛県大洲市に計画した専用住宅である。
平面計画においては北西と南東に対して生活動線を想定。 階段を軸に、左右に生活スペースを振り分けてゾーニングを行っている。 階段室から吹抜部分につながる天井は木質系にし、床のモルタル塗との素材感にコントラストを付けた。 吹抜を持つLDKの東側には正方形のハイサイドライトを設け、ダイニングキッチンを配置している。 朝一番の自然光を感じながら過ごすひと時~その豊かさを演出したいと考えた。 また階段はスケルトンにする事で、その奥の窓から内部に新鮮な空気を取り込み、外部からの視線を遮る役割を果たしている。 プライバシーを確保しつつ空気の循環に配慮し、快適で心地よい生活空間になるよう計画した。
It is a dwelling located in Ozu City, Ehime Prefecture. In the layout plan, we assumed the living traffic line to the northwest and the southeast. We created zoning by dividing living space to the left and right from the stairs. We selected the wooden material in the ceiling that leads from the staircase to wellhole and kept the contrast with the mortar coating on the floor. The east side of the well hole style LDK has squire high sidelight and is designed as the dining room & the kitchen. We wanted to produce a moment of richness while one is feeling the natural light in the early morning. Also, as we made the stairs in skeleton style, fresh air will come into the room from the window at the back while blocking the view from outside. We have ensured the comfortable and pleasant living space with good ventilation while ensuring privacy.

▲ページトップ