PLEASANT - WOODEN BOX -たのしい木箱-  The new building

広島県三原市の西部に位置する本郷町。 御年代古墳をはじめとする縄文・弥生時代の遺跡が数多く残されている、緑深い山間の町である。  
この建物は、山岳の造成地に計画されている専用住宅である。  東側に高い山が聳える宅地の一番西端を確保。  敷地の南西には棚田が広がり、豊かな自然と抜群の日照環境に恵まれている。  建物はシンプルな長方形の箱型とし、ご家族の将来においてフレキシブルに居室構成が出来るようデザインしている。  
また新鮮な空気を建物内部に常時循環させるため、本体をコンクリートの土台によって地面から持ち上げる構造とし、内部に2か所の中庭を設置。  風は道を確保することによって効果的に流れていくため、屋外に対する適切な抜けは、室内の空気をいつもフレッシュに保つ。  
一日の大半を過ごすLDKは、棚田に面して窓外の伸びやかな風景を楽しめるよう配置。  更に中庭の抜けにより朝一番の光を取り込むことができるようにしている。  外壁には木製パネルをふんだんに使用。  外的環境において十分な耐久性を発揮させると共に、一帯の景色に馴染む素朴な表情を持たせたいと考えている。  
Pleasant wooden box  ~ たのしい木箱 ~ は 極めて 「 シンプルな快適 」 を提案している。  頑強な構造体と適切な通風・採光の確保によって、住まいの土台を構築。  暮らし方は、ご家族の未来 ~ その時々に適応できる自由性を謳歌していただきたい。  大きな木箱の内部を仕切ったり開いたりしながら、暮らしの中での工夫や発見を楽しんでいただけたら幸いである。 


   

▲ページトップ