レンガ倉庫の隠れ家 -時の継承-  Hiding Place in Brick Storehouse -Inheritance of time- completion:2013.04

photo by Toru Kitamura

Japanese

English

 広島県三原市の中心部に建築された専用住宅である。我々はこの住宅を、愛着を込めて「隠れ家」と呼んでいる。  
 隠れているのは新しい建物であり、その新しい建物は趣あるレンガ倉庫の中に居場所を見つけた。 このレンガ倉庫の歴史は戦時中に遡る。 もともとは燃料の備蓄倉庫として使用されていたとのこと。後に、現施主様のお父上の仕事場として機能し、これからは住宅を内在しながら時を重ねていく。古いレンガ倉庫は歴史的にも貴重な存在であり、現代において当時と同様の手法での建築は適えられない。~「残すべき」だと考えた。この倉庫を存在させ続ける必要を感じた。幸い施主様のご意向にも合致し、この「隠れ家」は具現化されることとなった。   
 建物(隠れ家)は鉄骨構造。木造トラス構造の倉庫の中心に位置し、周囲に設けた四面の通路が建物をぐるりと一周している。建物の構造は、万が一地震などにより古い倉庫の上部が壊れてしまった際に、しっかりと新しい居住空間を守れるよう鉄骨を採用した。居室はLDK・和室・サニタリーをワンルームの中に配置。素朴な表情のブロックを積み上げてコーナー分離を施している。全てのスペースは、建物の外、つまりレンガ壁に面して視界が開かれている。通常の生活において、外部に対しての視線を気にする必要がないので、全面ガラスの壁面を採用。建物内からは、常時美しい赤レンガを眺めることが出来る。さらに天窓を設け、古い倉庫の梁を見上げながら、屋内に優しい自然光を取り込んでいる。倉庫本体の天窓や屋外への開口部を、新しい建物への光と風の出入り口につなげた。美しいレンガとの調和を考え、床は環境に優しい天然アフゼリア材を採用、蜜ろうワックス仕上げとなっている。  
 倉庫内は屋内であるが、同時に屋外でもある。環境柄、シェードガーデン向きの蔓系植物をランダムに植栽。ナチュラルに壁に伸びゆく姿が楽しみである。インテリアは「内への奥行き」を意識して計画した。灯りの効用という観点から、間接照明の位置を決め、さらに薪ストーブを採用。ストーブの表情がこの建物に似合うであろうことと、何より揺らぐ炎が美しい。この空間は、レンガとガラスに対しての視界面積が広い。よって、醸し出す雰囲気は独特であり、灯りや炎の映り込みが多彩な表情を演出する。
 施主様ご一家は、すでにここで新しい生活を始められている。レンガ倉庫は、内部に「住まい」を包み込み、新しい時を刻み始めた。  
新しいものは魅力的である。便利や快適を優先させる場合、時に古いものは排除せねばならないこともある。しかし、古いものが圧倒的な輝きを放つ場合も多い。時を重ねてきたものは、独自の存在感を発している。そこに長く佇み続けたものだけが纏う雰囲気というべきか・・・。  
インテリア的にも古い物を「模す」方法はよく用いられている。何故か。古いものには素朴な表情があるからではないだろうか。素朴であることは、ノスタルジックな感覚を呼び起こし、そこに人は惹かれるからであろう。しかし「まぎれもなく古いもの」を生活に取り込むことは、正直なところそれほど容易ではないと感じる。そもそも「取り込む」どころか「取り込まれてこそ」真価を発揮できるとさえ言える。なぜなら「合わせなくてはならない」からだ。  
古い建物が存在し、そこで暮らすことを考えた場合、新規に生活を展開させる人間は新参者である。建物に刻まれた歴史は、そこに暮らした人々の歴史であり、土地の歴史である。過去があるから今がある。時の流れにおいて、過去と今を逆転させることは不可能である。「進化」とは、過去が生み出しているものであり、時の経過なくしては成し得ないものである。だからこそ、過去~すなわち古いものに対しての敬意を欠くべきではないと思うし、建築という仕事に携わる我々は、この点に真摯でありたいと常々考えている。大げさな表現ではあるが、新しいものは一瞬にして手に入ると言っても過言ではない。それほどに現代の技術は発達している。だからこそ、古いものに出会った時には立ち止まって考えたい
 このレンガ倉庫との出会いは、我々に深い考察を与えてくれた。我々は初見時よりこの倉庫の「存続」を願った。そこから全ての考察の基礎が整った。この独特の魅力を削ぐことなく、次の役割も担って欲しいと考えた。  
 こうして「レンガ倉庫の隠れ家」は誕生し、時を継承した。  
施主様の選択に深く感謝すると共に、この建築に携わることが出来たことに、大きな意義を感じている。


河口 佳介 + K2-DESIGN
主宰 河口 佳介
             
It’s a new house that is hidden within an old, atmospheric brick storehouse which dates back to World War II. It was originally a fuel storehouse and later functioned as a work place for the father of the present client. It will now continue to mature as a residence with the passing of time. The old brick storehouse has historical value, and furthermore it would be nearly impossible today to build using the same techniques of that time. So our thought was that we should “preserve it” so that it can continue to exist. Fortunately the client agreed with our conviction and thus the “Hiding Place” was realized.
The residence is a steel structure. The house is placed in the middle of the storehouse with four passages surrounding it. As the brick storehouse itself is trussed with wood, we used steel to protect the new house in case of emergency such as an earthquake. LDK, a Japanese tatami-matted room, and a bathroom are all arranged in one room. Simple unvarnished cinder blocks are stacked to separate spaces. All areas visually open to the outside towards the interior brick walls of the storehouse. We adopted glass walls on every facet since there is no worry about privacy in everyday life. This allows the residents to enjoy the beautiful red bricks from inside. In addition, we installed skylights in the new house so we can enjoy the aged wooden beams of the storehouse with gentle, natural light shining into the house. The skylights and openings in the brick walls to the outdoors are made to disperse light and provide a breezeway to the new house. To harmonize with the beautiful brick walls, environmentally friendly Afzelia wood flooring with beeswax was utilized.
The inside of the storehouse simultaneously serves as the outside of the residence. Vines were planted at random to form a shade garden to harmonize with the environment. It will be pleasing to watch them grow naturally up the wall.
The interior was designed to create a sense of depth. Indirect lighting arrangements were scrutinized for effective lighting. We also added a wood stove. Its countenance is suitable for this house, but above all a flickering flame is most beautiful. The wide views of brick and glass in this space create a “sui generis” (distinctive) atmosphere, and the reflection of light and flames add a great variety of expression to the room.
The client‘s family has already started a new life here. The brick storehouse enfolding the “residence” has begun a new era.
New things are enchanting. The old, at times, must be swept out when priority is given to convenience and comfort. On the other hand, there are times when the old exudes an overwhelming radiance and unique presence. Isn’t it a special atmosphere that only those nestled for a long time can create? Artificially aged interiors are often used in homes. Why? Perhaps because rusticity evokes a sense of nostalgia which people find attractive. It’s not easy to integrate “authentic, significant age” into our lives.
In our modern lives, we can get convenient items on the spot if we only pay for them. Scenery and life in Japan has changed drastically just in the fifty years after World War II. It is certainly great that our society is richer thanks to the progress of “convenience”. But, to live in company with the old means to “preserve an inheritance”. Although time and great care may be required, living alongside the old may nurture our senses. History etched in a building is that of the people who have lived there. Nostalgic scenes bring back “memories” and these “memories” sometimes lead to the “strength to live on into the future”.
Thus, “Hiding Place in the Brick Storehouse” was born, and enters a new time. We wanted the brick house to continue into the next age without dampening its distinctive charm.
I deeply appreciate the choice the client made, and feel a great significance in having been able to engage in its architecture.

▲ページトップ