Takamatsu STOREHOUSE  completion:2015.5

photo by Toru Kitamura

Japanese

English

香川県の中央に位置する高松市。瀬戸内の温暖な気候によって育まれた豊かな自然に囲まれ、近年発展を続ける都市である。

この建物は高松市郊外に計画された店舗併用住宅である。

建物は「木」「鉄」「ガラス」「コンクリート」の4種類の素材で構成している。これらの素材を、バランスを保って共存させる事で「木のぬくもり」「鉄の重厚感」「ガラスの透明感」「コンクリートの重量感」といった、それぞれが持つ特性を最大限に引き出している。
素材の良さで包まれた空間は、ディスプレイされたアンティーク家具や小物を包み込み、建物としての更なる「味」を引き出す空間となっている。

建物の配置は、台形の敷地に対して南側の庭を可能な限り広く確保出来るように計画した。1階はダイニング・キッチンをリビングよりも1m上げることで、ガラス張りという周囲に対して開放的な空間の中でも落ち着けるスペースを確保した。リビングは、1m上げたダイニング・キッチンとのレベル差により3.2mの天井高と大きな開口を確保している。レベル差のある空間を木目の美しいアフリカ原産のムニンガを貼った天井によってひとつに繋ぐことで、どこにいても心地よさを感じることが出来る。
ダイニング・キッチンの下は、単純に埋め戻してコンクリートを打ってしまうのではなく、半地下の空間を配置することで高床式住居と同様、通風・湿気対策としての効果を発揮する。

2階に計画した寝室は、天井にムニンガ、床をアフゼリアという共にモザンビーク原産の材料で統一し、壁は古材で仕上げた。「木」という自然素材のみに包まれた落ち着いた空間を演出している。古材は南側のバルコニーの壁にも用いることで、バルコニーは外部ではなく寝室の一部となり広がりを体感出来る。
「内部であるが雨が降る」自然環境をすぐ隣に感じることが出来る空間である。

建物は自然に寄り添うことで住む人に快適さを与えることが出来る。それは外部の木々だけでなく、内部に使用する素材にも言えることである。
この建物が時の流れと共に見せる様々な変化を新たな発見として捉え、住み手と共に成長していくことを願っている。



河口 佳介 + K2-DESIGN
主宰 河口 佳介

高松・三条の家
用途:店舗併用住宅
構造:地階RC造・1,2階鉄骨造
Takamatsu city is located in the center of Kagawa Prefecture. It is surrounded by rich nature that was nurtured by the mild climate of the Seto Inland Sea and has continue to develop in recent years.
This building is a shop combined house that has been built in a suburb of Takamatsu city.

The building constitutes from four types of materials, "tree", "iron", "glass" and "concrete". By maintaining a good balance of these, it made it possible to maximize the feature of each material which are "warmth of wood," "profound feeling of iron", "clarity of glass," and "solidity of concrete".
Space surrounded by the goodness of the materials, it wraps the antique furniture and accessories that have been displayed in the space and has added the taste to the building.

The building is planned to be located in a are where the garden in the south can be as big as possible in the trapezoidal site. The dining room and the kitchen floor is raised by 1m compared to the living room in the first floor so that relaxing space can be secured while forming an open space with glass.
Living room is 1m lower than the dining room and the kitchen, so the ceiling height is set to be 3.2m and it secures openness. By connecting the space which has different height by using African native Muninga which has beautiful grain in the ceiling, one can feel the comfortableness anywhere. By placing a semi-basement space under the dining kitchen rather than simply backfilling with the concrete, ventilation and humidity control can effectively achieved like raised-floor-style house.

Bedrooms are placed in the second floor using Mozambique native Muninga in the ceiling, Mozambique native Afzeria and old timber in the wall. We have produced a calm space wrapped only in natural materials "timber". Old timber is also used on the walls in the south side of the balcony so that one can feel that balcony is a part of the bedroom rather than the outside. It is a space where one can feel the natural environment such as "raining inside".

The building can give comfort to people who live in by getting close to the nature. What we mean by nature is not only about the trees outside but also the materials used in the interior. We hope that this building will continue to grow with the residents by discovering variety of changes as time goes by.

▲ページトップ