東広島の家  House of Higashi-Hiroshima completion:2010.06

photo by Koji Fujii(Nacasa&Partners Inc)

Japanese

English

敷地は東広島の高台にある住宅団地の中に存在している。画一的な長方形の敷地が今回の計画地として、選定された。一般的にはどこにでも存在する住宅団地の一区画ではあるが、敷地周囲の環境や隣接する住居もその敷地の持ち合わせる特性として考え、計画を進めた。
まずは、壁の配置や開口部の位置を敷地条件にあわせて配置した。そうする事でその敷地に対してより明確で、この場所にしかない建築の在り方と特性を導き出せると考えたからである。今回のPROJECTでは、建築材料の持つ表情や特性を活かしたDESIGNを心掛けた。
建築の主構造をコンクリート造とし、内部空間の造作部分を木造として、無機質なコンクリートの箱の中にナチュラルな木製のBOXを組み込みその中間領域を生活空間の一部として与える事で新しい生活スタイルやコストパフォーマンスに対しての効果が高まる事を期待している。
 このCASE・STUDY・HOUSEではコンクリートのフレームを単純化させて合理的な構造解析をしている。シンプルなコンクリートの構造と木造の単純なフレームを組み合わせる事で従来の単一構造とは違う独自の空間構成の在り方を見つけ出そうとしたからである。
既製品の「建て売り住宅」や「プレハブ住宅」も立派な住宅ではあるが、今回のPROJECTの中において「TSUKURIYA」のコンセプトに基づき、建築に携わる全ての職人さんと建築全体を丁寧にしっかりとつくりあげる「精神」と「技術」こそ、現代社会の「家づくり」において大切な社会テーマであり必要不可欠な事だと考えた。この度、手間のかかるコンクリート造や木造軸組工法を組み合わせて独自の工法を選択し素材を活かした建築を目指した事もその理由の一つにあげられる。こうして完成したCASE・STUDY・HOUSEが「建築家と造り上げる手づくりの住宅」としての役割を果たし、社会的価値観を皆さんと共有できることを期待している。
The site is located in a residential complex on the hill of Higashi-Hiroshima. A standard rectangle site is selected. This site is a very standard one but we have to consider the feature which this site has including the neighboring environment and the other houses around. First of all, location of the walls and openings needed to be considered along with the conditions of the site. The reason for this is because we believed that we could have clear image of how this building should be designed and to derive its features. In this project, we tried to keep the design which will utilize the features and the texture of the materials.
The material for the main structure of the building is concrete, with the wooden fixture in the interior, so it will have good performance in cost and also gives new life style having natural wooden built-in box inside of the cool concrete exterior and use the intermediate area as part of the living space. In this house which is the case study design, we simplified the concrete frame to have rational structure analysis. By combining a simple concrete structure and a simple wooden frame, we tried to figure out a unique and different space structure from the conventional single structure. Ready-built housing and prefabricated housing are fine ones, however, in this project which has the concept of 'TSUKURIYA' we felt that the 'sprit' and the 'technique' of all the craftsmen involved who build the entire house carefully and reliably are indispensable to the theme of 'house making' in modern society. It is also one of the reasons that we selected the concrete structure which takes time and the wooden framework construction method to aim for the architecture which
utilizes the materials. We hope that this case-study house will play a role as "the custom-made house working together with an architect "and we can share our social values with you.

▲ページトップ