彦島の家  House of Hikoshima completion:2012.4

photo by Koji Fujii(Nacasa&Partners Inc)

Japanese

English

この敷地は、西側に小高い山を背負い南東側には道路が位置している。 住宅地として絶好の敷地である。 山は西側の日射を遮り、ハイサイド窓から安定した光を室内に届ける機能を有する。 また、敷地の一部である法面に植樹を施し、建物の借景とした。 更に恵まれた敷地を最大限に活かす為、横長の切妻形状の平屋を45°折り曲げ、山裾に沿わせる配置計画としている。 外側の骨格として屋根と両妻面壁を天然スレートを張りに。 内側に白い壁を配し、連続した庇と質感のコントラストを印象的にデザインした。 庇を低く抑えた縁側~その中間領域から上る勾配天井の延長にはハイサイド窓を連続して設けている。 この構成は、空間の広がりと山に向かって抜ける視線による伸びやかさを意識している。
This site has slightly high hill in the west and is facing the road in the southeast. This is an ideal site as a residential lot. The hill in the west is blocking the sun light but the light will always come into the room through the high-side windows. Also, the house benefits from the scenery from the trees planted in the side slope. It is designed as a gable shaped one-story house bending 45 ° along the foothill in order to fully take advantage of the features of the site. Natural slate has been used in the roof and the walls for both of the gables as framework. We have selected the white wall inside so that the contrast of the eaves and the material texture to be impressive. The eaves is rather low for the verandah and the multiple high-side windows are designed towards the gradient ceiling. This structure is selected so that the spaciousness and comfortable view of the hill become remarkable.

▲ページトップ