塩生の家  House of Shionasu completion:2010.10

photo by Koji Fujii(Nacasa&Partners Inc)

Japanese

English

岡山県倉敷市児島。 ここ児島は岡山県の最南端、瀬戸内海に面する児島半島にあり、鷲羽山や瀬戸大橋を有する県内有数の観光地でもある。 それらの景勝地に近い、比較的新しい住宅地にこの建物は存在する。 敷地に沿ってカーブした道路の南向かいには公園があり、将来建物が建設される可能性は無いに等しい。 敷地としては恵まれた環境と言っても良いであろう。 そこに家族4人 「 大人2人と子供2人 」 の専用住宅を計画する事となった。 恵まれた敷地ではあるものの、建設するにあたり配慮すべき条件はある。 緩やかなカーブと傾斜を伴った団地進入路への坂道がそのポイントである。 昨今の集中豪雨を想定して水害対策が必要であると考え、木造平屋建ての建物をコンクリート構造の床によって持ち上げることにした。 床面を道路レベルより十分に高くしたことにより、豪雨対策が図られている。 これに付随し、風通しにおいても最良の結果がもたらされることとなった。 
この建物は、コートハウスの形状を取っている。 敷地境界線沿いに居室とガレージを配し、中庭を取り囲むかたちでの平面計画を採用。 道路からの視線に配慮し、中に向かって開放的な構成とした。 また、庭を中心に、玄関を起点として左右に振り分けた生活空間もこの住宅の特性である。 エントランスポーチは外壁に沿ったR形状のコンクリー床で持ち出し、玄関までの通路を確保した。
道路面に配置した居室全てには、ハイサイドライトを設置し、適度な採光量を取り込む事ができる。 同時に外観も個性的に彩るという相乗効果も期待された。  また、リビングを中心とした生活様式から、子どもや来客者の気配が感じられる空間構成に配慮した。 床を持ち上げる構造については先に触れているが、玄関より中庭に続く通路の下は、不思議なくらい風が心地良く通るのを体感出来る。 中庭に向かって走る風は、建物内を一周して再び中庭に戻り、空に抜けていく。 建物の内側で展開されることなのだが、そこには小さな自然界が、確かに存在しているとさえ感じられる。 快適な暮らしとは何か、日々考えながら設計にあたっている。 時に、利便性であったり、瀟洒なデザインであったり、住む人々によって 「 快適 」 の捉え方は千差万別であろう。 しかしいずれの場合も、風がめぐり光がこぼれ落ちる日常は豊かであり、大概 「 快適 」 を十二分に感じる事ができると考えている。


河口佳介+K2-DESIGN
主催 河口佳介
Kojima, Kurashiki City, Okayama Prefecture. Kojima is located in Kojima peninsula facing Seto Inland sea and is the southernmost of Okayama Prefecture and is also Okayama's main tourist destination having well known Washu mountain and the Seto Ohashi Bridge in the area. This house is located in the area close to those scenic spots and is a relatively new residential area. There is a park in the south across from the curved road along the site and there is little possibilities that something will be built there in the future. Therefore, this site is blessed with a good environment. Our plan was to build a dwelling for the family of four (Parents and two children). Although it is a privileged site, there are some conditions to be considered. What needed to be considered is about the hill road with gentle curve and slope around entrance to the housing complex. As some flood control measures were required for possible torrential rains which happens often these days, we have planned a wooden one-story house which is lifted by the concrete base floor structure. As the floor is sufficiently higher than the road level, torrential rain protection is achieved. In addition, best ventilation is realized. This building has taken the shape of the Court House. In the floor plan we made, the living room and the garage are located along the site boundary and they are surrounding the courtyard. In consideration to the line of sight from the road, we designed an open configuration towards inside. Another feature of this house is that the living space is divided to left and right from the entrance with the garden at the central area. Entrance porch is brought out in the concrete floor of the R-shape along the outer wall to ensure the passage to the door.
High-side lights are installed in all rooms along the road side in order to receive moderate light. At the same time, it adds another feature to the house for having unique exterior. Also, by making living room as the center of the lifestyle, one can feel the sings of children or visitors. As mentioned earlier, the floor is lifted with the concrete and this makes the comfortable air coming through from entrance to the corridor towards the courtyard. The air coming toward the courtyard will circulate around the house and come back to the courtyard and then escape into the sky. We can certainly feel the nature even inside the house. "What is a comfortable living?" is what we ask ourselves daily when designing. Answers maybe convenience or maybe simple & elegant design depending on how people live there define comfortableness. In any case, daily life with sufficient sun light and circulating air will make most of the people feel more than comfortable.

▲ページトップ