四万十の家  House of Shimanto completion:2012.3

photo by Koji Fujii(Nacasa&Partners Inc) 

Japanese

English

高知県富岡郡四万十町。 北に四国山脈、 南に太平洋、 中央には 清流・ 四万十川 が悠々と流れている。  この地域は、台地でありながら山々に囲まれた盆地でもあり、さらに四万十川が縦断していることで霧が発生しやすい環境にある。  夏から秋にかけてはその現象が顕著で、一年を通して降雨量も多い。  
広々とした田園風景の中、二方向道路の角地にこの住宅は存在する。  美しい環境ではあるが、ここに家を建てるにあたり、次の条件において適切な対策を取らねばならなかった。 「 大雨 」 と 「 北側に面する国道 」 である。  大雨に関しては、それによる被害を想定の上回避方法を探った。  降雨量が多い土地であるだけに、この点は第一に考えねばならない事項でもあった。  国道に関しては、昼間の交通量が多めであり、行き交う車の騒音やドライバーからの視線が問題となる。   
これらの敷地条件に対し、いかに日常の住環境を守りながら快適な暮らしを提供できるか。  この課題に向き合い設計の核とするところから、今回のプロジェクトはスタートした。   まず第一に大雨対策として、屋根の形状を出来るだけシンプルにすることで降雨を逃し、さらに敷地内外の排水計画に支障がないよう、段階的に考察を重ねながら全体の計画を行った。   車による視線と騒音については、北側の道路面に対して建物を閉じ、対する南面に間口を大きく開放する事で解決できると考えた。  それに伴い、明確な構成に則って居室を配し、同時に外観デザインにもこだわった。  機能的であり、風景に馴染みながらも凡庸ではない個性を表現したいと考えた。    
この敷地周辺の伸びやかさを室内にもリンクさせるために、勾配屋根の形状を利用して天井高を確保。  さらにハイサイドライトを採用し、通風・換気・採光の役割を担わせた。  風のめぐりに乗って空気が循環するため、室内の快適性は向上する。  また、曇天の日でも高位置から自然光を取り込むことによって、室内の明るさは格段に変わってくる。   リビングと寝室の南面に大きく設置した開口部は、室内から屋外へと伸びやかに続く視線の抜けをもたらした。   フロアには、必要に応じて開閉できるフレキシブルな引き戸も設置している。  寒暖の調節や家族それぞれの過ごし方に応じて、柔らかく線を引くことができる。    見上げた天井から緩やかに視線を落とすと、ゆったりとした室内を見渡せる。  さらに南面の先にはのどかな田園風景が続き、内外が視覚的に繋がる。  その連続性が一層のゆとりを感じさせる。   
外観デザインにおいても 「 繋がり 」 をコンセプトとし、のどかな田園の中に小高い山が存在するかのように、大地の連続性を感じさせる佇まいを表現した。  
四万十町は国の文化的景観地区である。  ヤイロチョウが飛来する森林、清流四万十川、風光明媚な小室の浜。  山・川・海 ~ 豊かな自然に育まれるているこの地域はどこまでも大らかである。    今回のプロジェクトでは、この土地の持つ飾り気のない優しさと力強さに、終始感銘を受け続けた。  そして 「 そこにあるべき建物の姿 」 について、現在はもとより未来に向けても深く考察を重ねてきた。  ここにある自然と共に建物は年月を積み重ねる。  自然風景が人の心を動かすのは、時を重ねるほどにその在り様を成熟させていくからだと思われる。  人が住まう建物も、時の流れの中でいかに成熟を叶え深めていけるかに、本当の価値が問われるのではないだろうか。   建物は年月が経過すれば古くなるが、存在意義は進化する。  これらの事を追及しながら、我々はこのプロジェクトに向き合ってきた。   そしてこの追及は 「 設計が持つ意義 」 において、我々の考察の核となる部分であり、根底に常時存在するものでもある。

河口 佳介 + K2-DESIGN
主宰 河口 佳介    
The town of Shimanto, Kouchi Prefecture: On the north stands the Shikoku mountain range, to the south the Pacific Ocean, and through its center the leisurely flowing transparent waters of the Shimanto River. This area is a plateau and yet also a basin surrounded by mountains. Due to the crossing of the Shimanto River, fog often occurs, especially from summer to autumn, and the area experiences heavy annual rainfall.
Although the surrounding environment is especially beautiful, the building site presented us with several design challenges. Our first priority was safeguarding against the anticipated potential damage caused by heavy rainfall. Second, in the midst of an open rural landscape, the property stands facing an intersection of an interstate road which produces a great deal of daytime traffic. Reducing noise and obstructing the drivers’ line of vision into the house were significant factors to consider.
How much comfort could we offer residents living under such conditions while also protecting their environment of daily living? The project began with these considerations in mind. As a measure of protection from heavy rain, we designed the roof as simply as possible in order to facilitate runoff. We carefully developed our plans step-by-step to avoid problems with drainage both inside and outside the home.
We resolved the problems of noise and privacy from the busy road by closing the north side facing traffic while opening up the south. We arranged rooms meticulously, at the same time being conscious of the exterior. Our aim was for functionality without being ordinary, while pursuing a design that engaged with the surrounding scenery.
In order to link the inside of the house with its wide open landscape, we adopted a high ceiling utilizing the pitch of the roof. Incorporating a skylight window allowed for air circulation, ventilation and added light. As the wind circulates the air, it enhances interior comfort. Bringing in natural light from a high position significantly changes the brightness of the rooms even under cloudy conditions.
Openings along the south side of the living room and bedroom provide unobstructed views from the rooms to the outdoors.
On the first floor, sliding doors were installed creating a “soft line,” allowing
flexibility to control interior temperatures or adapting to the needs of the family’s lifestyle.
By slowly lowering your gaze from the high ceiling, one can see the expanse of the interior. Off to the south extends a quiet rural scene, visually connecting the inside with the outside, whose continuity produces a sense of liberation and tranquility.
Our concept for the exterior was connection, designing the house to sense a continuity with the earth as if a small hill existed in the quiet countryside.
The town of Shimanto is designated a cultural scenic area of the country. Forests where fairy pitta birds fly, the crystal waters of the Shimanto River, and the scenic beach of Komuro. This area with bountiful nature—mountains, a river and the ocean—is boundlessly magnanimous. Throughout this project, we were impressed with the warm gentleness and verve of the land, and this deepened our consideration of the form of a building which should be there, not only in the present but also into the future.
The true worth of a dwelling is determined by how it matures with the passing of time. As a building ages, its significance of existence also evolves. We have worked through this project pursuing all these matters. Our core consideration was the significance of design, and the Shimanto house was built upon this foundation.

▲ページトップ