呉 内神の家  KURE House of Uchikami completion:2012.12

photo by Koji Fujii(Nacasa&Partners Inc)

Japanese

English

広島県呉市。 瀬戸内海に面した気候温和な臨界都市である。 平坦地が少なく海まで張り出した山塊によって市街地が分割され点在している。 近代呉市の発展は明治22年の呉鎮守府の開庁とともに本格的な海軍基地の建設が進められたことに端を発し、その歴史に触れられる文化施設や歴史建造物も多い。2005年に開館された 「 大和ミュージアム 」 も有名である。 安芸灘諸島を有する瀬戸内海の風景は美しく、骨太な港の情景と繊細な自然美の融合が大変魅力的である。
今回の建物はこの風景を贅沢に眺められる高台に、ご夫婦ふたりの専用住宅として建てられた。 おふたりは市内を一望出来る環境にひかれこの敷地を購入された。 建物に関して大きな居住面積を持つ必要はないが、外部・内部の素材感に拘りたいとのご要望があり、それに則り丁寧に計画を進めてきた。 四方に遮るものが無い敷地であることから建物の外観は遠方からでもよく目立つ。 細い坂道を上って辿りつく場所にあるため視界に入る建物の姿はどの距離感においても印象的であるべきと考えた。 よって風景に馴染みながらも確かな個性を発揮できるスタイルを意識した。 日の出から日没までの時間の移り変わり ・ その日の天気 ・ 観る角度。  家を取り巻く日常の外的変化を受けて、眺めるだけでも味わいがあるデザインを考えたところ 「 面の切り出し 」 に思い至った。 四角い箱から不必要なところはサクリと落としていく。 「 引き算の発想 」 である。 暮らすことについての快適性を満たし、さらにはその効果を高めることにおいて 「 引き算の発想 」 が有効な場合がある。 それを基に建物の外側と内側のバランスを取りながらデザインを進めた。 外壁には素朴な表情を持つ天然石を選択している。 屋根と壁を同一材料で仕上げ、確かな個性を発揮させながらもどこか朴訥な魅力を目指した。 内部のデザインも外部と同様の意図にそって計画。 玄関を入ると途端に視界が空に抜け、スッキリとした居室に一層の伸びやかさを感じさせる。 そのまま進むと左手にリビング、右手にダイニングキッチン。 玄関を入って空を見上げ、続いてリビングから見事な港町の風景を見下ろす。 視線が一旦天井に切り取られた空を捉えることにより、窓外の風景が一層ドラマチックに映る。 天井にのぞく空はある意味 「 点 」 リビング窓の向こうの風景は一気に視界が広がるので 「 面 」 と解釈。 点と面の効用を視線効果に活用したいと考えた。 窓外の風景にポイントを置いた室内は全体的にスッキリとさせている。 スペースの有効活用と空間コントラストをつけるために、2階への階段は螺旋を採用。 玄関脇にはシューズクロークを配置し、収納としての機能に加えてちょっとした趣味の小部屋の趣も演出。 室内の壁は喰壁の自然な表情で仕上げ、お手持ちの家具と調和が出来るようデザインした。 リビングルームのソファーはこの住宅に住む醍醐味を最大に発揮できる場所である。 寛いだ姿勢の先には空と海、そして呉の港町。 木製サッシは額縁の役目を持ち、眼前の風景は自分だけの特別な絵画のようである。 恵まれた敷地だからこそ叶えられる贅沢な浴室の配置とデッキスペースは、寛ぎのレベルをさらに上げていく。 
新居での生活が始まった現在、ご夫妻はこの場所で生活することを存分に楽しまれているのではないだろうか。 「 どのように暮らしたいか 」 ~ 住まい方の理想を 「 建てる 」 ということにおいて住宅に表現することが我々の仕事である。  造り上げる過程から建物の将来に想いを馳せることも含めて、様々な試行錯誤を積み上げていく。 我々にとっての 「 家つくりの醍醐味 」 はここにあり、お客様とその感覚を共有できたら幸せであると感じている。

河口 佳介 + K2-DESIGN
主宰 河口 佳介
Kure City, Hiroshima Prefecture. It is a seaside city with a mild climate facing the Seto Inland Sea. With very little level land and mountains up to the shoreline, the city is divided and spread apart. Modern Kure City started with the opening of Kure Naval District of the pre-war Imperial Japanese Navy in 1889, and developed along with the construction of naval facilities. Because of this, historical buildings and cultural facilities introducing its history are found in the city. The “Yamato Museum”, opened in 2005, is well-known. The Seto Inland Sea, with the Akinada Islands, is beautiful and the blending of its robust port and delicate natural beauty is very attractive.

This house, built as a dwelling for a couple, is located on a hill with the luxury of this splendid view. The couple purchased the property attracted by this setting overlooking the city. A spacious living space was not needed, but the request from the couple was to put emphasis on the sensibility of both interior and exterior materials. We planned carefully in accordance to this request.

With no obstructions around the site, the house is highly visible from afar. Our thought was that the silhouette of the house should be impressive from all distances as one approaches along a narrow uphill road. Thus, we focused on a style with distinctive character while also fitting into the surrounding landscape. Time passing from dawn to dusk, the day’s weather, views from different angles: We pursued a design that would be visually intriguing and rich through these day-to-day fluctuating elements. To achieve our goal we used the concept of “cutaway surfaces” and boldly sliced unnecessary parts from a square box: the “idea of subtraction”. When considering comfort of living and efficiency, this approach is sometimes effective. Keeping a balance between the inside and outside of the house, we developed the design based on this idea of subtraction.

We adopted rustic natural stone for the exterior walls. By finishing both the roof and walls with the same material, we aimed for the house to have an understated charm while exhibiting distinctive character. The interior was designed along the same lines Upon entering, the sky immediately comes into sight and gives an added feeling of expansiveness to the simple living space. Going straight forward, and one sees the living room on the left and the dining/kitchen on the right. Looking up at the sky from the entrance, and then down to the impressive view of the port town from the living room: The outside view from the window looks even more dramatic after first capturing the sky through the glass ceiling. We interpreted the sky through the ceiling as a “point” and the view through the window as a “surface” with its expansion range of vision. We wanted to utilize the line-of-vision of both the “point” and “surface.”

To keep the focus on the outside landscape, the interior rooms of the house are generally simple. A winding staircase is used to the second level for space efficiency, as well as to add visual contrast to the interior. A shoes/cloakroom next to the entranceway functions as a small hobby room as well as a storage space. The plaster-finished interior walls have a natural look that harmonizes well with the couple’s existing furniture.

The sofa in the living room is the best place to enjoy this house. One can view the sky, the sea and the port town of Kure while relaxing. The wooden sashes play the role of a picture frame to make the landscape a one-of-a-kind painting. A luxurious bathroom and the deck space which this blessed location grants offer quality relaxation.

Now that their life has started in the new house, the couple must be getting great pleasure in living there. “The way one wants to live”~~ Our goal as architects is to “build” and express this ideal in a dwelling. In this process, from initial concept to visualizing a structure’s future, architects build upon trial and error. This evolution is the most rewarding aspect of creating architecture and to be able to share this with our clients is our joy.

▲ページトップ