「和弦」~KAGEN~  庭園のある家(2) ~KAGEN~ House with the garden completion:2014.6

photo by Toru Kitamura

Japanese

English

「今ある世界観~その秩序を乱さずに新たな建物を加えること。そして、さらにその魅力を深めていくこと。」 それがこの度の建築計画の大きな柱である。その柱を大切にし、現存の庭園をそのまま生かしながら母屋の建て替えを行うことになった。
 現地を初見した際、日本庭園の印象深さは特筆に値するものであった。同時に、長い時間をかけて大切に愛でられてきたことも理解ができた。庭園は施主様にとって「住まうという概念」に組み込まれているものである。暮らしの中に庭園があり、庭園があって日々の暮らしがある。
よって、建物も庭園と同様の力量を持つべきであると考えた。この場合の力量とは、佇まいにおける印象を指している。どちらかの主張が強すぎたらバランスを崩しかねない。双方の在り様は均衡を保つ必要がある。
 建築地は岡山県倉敷市。豊かな自然に恵まれ、歴史・文学と深く繋がる趣深い土地である。古き良き日本の姿を随所に垣間見ることができ、そこに暮らす施主様の庭園にもその豊かさが表れている。庭園は回遊式であり、三尊石が配された築山と数々の名木が美しい。
 建物に求められるのは相応の風格と落ち着いた佇まい、そしてこの場所に違和感なく馴染む「新しい魅力」であった。基本構造は在来の木造軸組工法であるが、一部に構造体ではないコンクリートの意匠壁を設置することで質感と重厚感を高めている。独特の屋根形状は、昔からの日本家屋の趣を表現。軒を深く取り、構造共視覚的にも低重心の落ち着いた佇まいとしている。 軒の深い家は日本の気候と相性が良い。さらに陰陽のコントラストが、建物に風雅な美しさをもたらす。影の効果は伝統的日本家屋の粋であり、この庭園の中の建物には必要な要素であった。なぜなら日本庭園の魅力も単に景観の美しさが論じられるばかりではないからだ。そこには見立ての世界観がある。自然風景をモチーフにし、石ひとつにも様々な意味を持たせている。日本の造形文化には想像の投影があり、それは四季を持つ日本の美学に通じる。
  軒の深さは、室内から庭園を眺める際にもその効果を発揮する。窓先に軒先の線と地面が平行にあり、その線の並びと壁の間隔が景色に遠近感をもたらす。居室のひとつは部屋の窓を全開できるようにしており、壁の小口に収納できる。それによって見事な梅の古木を絵画のように観賞できる。
居室配置については、前述のように庭園を愛でることを基本構成としており、建物中央部に収蔵庫を設けている。それを取り囲むように居室を配し、全室が庭園に面して開かれている。LDKからは敷地東面の大きなモミジが堪能できる。
 床材はムアガ・フローリング、部分的にトラバーチンを使用。木目と石目の組み合わせによりインテリア性を高めている。天井は床材同様ムアガ材であるが、一部漆喰を採用している。和室は竿縁天井に炭ボードを使用。壁は部分的にコンクリート(杉板型枠)を組み込み、全体を漆喰塗で仕上げている。開口部は適宣に設けているため風通しも良好だ。                                           
 暮らしにとって大切なことは、呼吸であると言われている。身体的にも心情的にも深い呼吸が出来る場所は、人々の暮らしを豊かにする。この建物において最も大切だったことは日本庭園との融合であり、その着眼点にはっきりとした軸を持たせ、現代に建築する意味合いを「行き過ぎないモダニズム」で表現した。各所の設えに自然素材を多用したことは、高い居住性および視覚的美しさという点において理にかなっていると思われる。
 建物は建ったばかりなので物理的には新しい。しかし、これまで育まれてきた庭園の歴史に寄り添わせることで「時間の記憶を受け継ぐ精神性」を持たせたかった。日本の文化は日本だけのものであり、大切に継承していくべきと考えている。「文化の継承」という観点から建築が持てる役割について、今後も深く考察を重ねていきたい。我々にとって建物の在り方を問い続けることは、あらゆる意味で必要不可欠な要素であると感じている。

河口 佳介 + K2-DESIGN
主宰 河口 佳介

「和弦」~KAGEN~ 
庭園のある家
用途:専用住宅
構造:木造2階建
“To add a new house without disrupting the order of the world already within, while deepening its charm”: This is our main concept in designing this house.
We set out rebuilding the main house while taking advantage of the existing garden.

When we first saw the site, we were very much impressed by its Japanese-style garden, and it was easy to see how deeply it was cherished by the owner over many years. For him the garden is incorporated in “the concept of dwelling.” The garden is in his life and makes up his daily life. This led us to the idea that the house should be equal to the garden, in other words, the house should be as impressive. If either presence is too great, the balance is lost. There should be equilibrium between the two.

The site is located in Kurashiki City, Okayama Prefecture. The region is blessed with nature, along with a long history of culture and literature. You can enjoy a glimpse of the bygone “good old days” of Japan throughout the city, and the garden reflects this richness. Within the strolling garden there is a small mountain arranged with “stone Buddha statue triads” and many beautiful old trees.

The house required to be suitably stately and sedate while seamlessly fitting the surrounding ambiance with “a new charm.” We used a conventional wooden framework construction method for the basic structure but by installing a concrete “design” wall separate from the structure we enhanced its texture and weight. We expressed the old-fashioned flavor of a Japanese house with its uniquely shaped roof. Elongated eaves give the structure a low center of gravity and an atmosphere of composure. The deep eaves also go well with the climate of Japan. The contrast between light and shadow created by the eaves brings elegant beauty. The effect of shadow is an essential element of traditional Japanese houses and was a necessary element for this house built in the garden.

The charm of Japanese gardens cannot be discussed only in terms of the outer beauty of its landscape. There is an inner world representing life itself. With natural landscape as motif, even a stone has various meanings. Imagination is reflected in the Japanese culture of formative arts, and the aesthetics come from having four seasons.

The deep eaves effectively give a sense of perspective when looking out at the garden from inside a room. The line of the eave and that of the ground look parallel from inside and their horizontal lines and side walls give perspective to the outside view. One room is designed with windows that open completely and slide into a small wall space to be stored. This enables one to appreciate an old plum tree in the garden as if it were a tableau.

The basic arrangement of the rooms is to appreciate the garden as mentioned above, thus storages spaces are placed in the center of the house around which each room is placed and all rooms are open to the garden. From the living room you can enjoy a big Japanese maple tree to the east.

Muaga wood is used for flooring with Travertine in parts. This combination of wood and stone made the interior chic. Ceilings are of Muaga wood like the floor, with plaster in some areas. In a Japanese room charcoal boards are used on the ceiling with decorative crosspieces. Concrete (using cedar-slate frames) is partially used on the wall and finished with plaster. Openings of the house are placed to provide good air circulation.

Breathing is said to be important for living. A place where people can breathe deeply, both physically and emotionally, enriches their lives.

We placed most design emphasis on fusion with the Japanese garden, and tried to express “a modernism while avoiding the extreme”. We used natural materials in various places to realize high habitability and visual beauty.

The house is just completed and physically new. Yet we wanted the house to “inherit the spirit and memory of time” by nestling it within the garden which has been cherished and nurtured over time.

The culture of Japan is unique and should be nurtured into the next generation. We wish to continue considering the role of architecture from the viewpoint of “cultural inheritance”. For us, questioning what architecture should be is essential in every sense.

▲ページトップ