K2-DESIGN

workflow1_03

 

 

 WORK FLOW

 

竣工・ご入居までの流れ

workflow1_07 workflow1_09 まずは、お電話やメール等でご連絡ください。
設計相談の段階では料金は発生しませんので、 御遠慮なく、まずはご一報ください。
workflow1_12 直接お会いして、ご質問・ご要望・将来計画などをお聞きかせください。 現在敷地をお持ちの場合は一度拝見させてください。
同時に弊社の「夢・空間づくり」に対する想いも同時にお伝えいたします。
お互いの気持ちが理解し合えた時点で、設計依頼をいただければスタートとなります。
workflow1_16    

 

workflow1_19 workflow1_20 弊社との設計契約を結ばせていただきます。
(この時点では、本契約ではありません。)
この時点で、ご要望・ご予算に対して現段階での具体的な総費用を算出します。
(最終的な総費用ではありません。)
「弊社では設計費用としまして、新築の場合 本体工事総額の約15%、改修の場合 本体工事総額の約20%を頂く事になります。
workflow1_23 ラフプランを提出させていただきます。
模型・パース・設計図面をもとに、打ち合わせをさせていただきます。 夢が形になる重要な第一歩として、一番大切な作業となります。 納得される設計案にするために、今後このプランをもとに更に入念な打ち合わせを重ねていきます。 納得のいく基本計画が纏まりますと、設計契約へ移らせていただきます。
以降、基本設計・実施設計へと進行いたします。 ラフプランに納得していただけましたら 「一回目のお支払いとしまして設計費用の約30%」をお支払いいただきます。 弊社の設計監理料は、建設省告示の料率計算式をもとに独自に算定し直した料率表で決めております。 詳しい金額や契約内容は、ご契約前に書面にて詳しくお伝えいたします。
この時点でもお支払いには、よりいっそう責任を持ち「夢・空間づくり」を責任をもって 進行していくための弊社の意気込みの姿勢が含まれております。
workflow2_03 基本設計段階ではラフプランをもとに建築確認申請に必要な内容に沿った設計図の作成を行っていきます。 より詳細な設計をする段階ですので、引き続き打合せを重ねて仕上げていく事になります。
workflow2_06 基本設計をもとにさらに詳細に設計内容を詰めていくのが、実施設計です。 建設会社が見積・工事をするための設計図 を作成する作業となります。
この段階で設計作業は、ほぼ終了となります。完成する図面は最終仕様となります。
以後、この最終図面をもとに建設作業へと移行していきます。
workflow2_08 建築確認申請業務に進みます。 公的機関に申請図面を提出し建築許可を取得します。
書類提出後、約1ヶ月後に建築工事のための許可が下ります。
確認申請受領後、「2回目のお支払いとしまして、設計費用の約50%」をお支払いいただきます。 詳しい金額やお支払い方法は、事前に書面にて詳しくお伝えいたします。
workflow2_10 設計図の内容をもとに複数の建設会社に見積もりを依頼します。 弊社は常に依頼者の立場にたって、建設会社を適正な技術力・コスト・信頼性を見極めます。
workflow2_12 建設会社より提出された見積書が、設計図に対して適正な金額になっているかどうかをチェックし、 時には予算に応じた金額に納まるよう調整し、場合によっては設計内容を見直します。
工期・請負金額・支払方法に、ご納得していただきましたら、以後工事契約を結び、いよいよ着工へと移ります。
workflow2_15    

 

workflow2_18 workflow2_19 地鎮祭・基礎工事など、これ以降完成に至るまで建築工事全般を監理いたします。
定期的に現場を訪れ、進行状況の確認とご依頼者への報告をさせていただきます。
(通常週1回が目安です、3週間に1回はご依頼者同行の基確認させていただいております。)
workflow2_22 基礎工事が完了しますと、いよいよ上棟になります。構造体(骨組み)を一日で組み上げていきます。 我が家への実感・喜びをいっそう感じる事が出来る瞬間となります。
平面から立体になる様子が実感できますので、ご依頼者様には現場での見学を、出来る限りお勧めしております。
workflow2_24 建築工事が全て終わりますと、公的機関の最終的な検査に合格した後、ご依頼者への引渡し準備へと入ります。
この時点で弊社への「最終的なお支払いとしまして、設計費用の約20%」をお支払いいただきます。 詳しい金額やお支払い方法は、事前に書面にて詳しくお伝えいたします。
workflow3_03 完成後、約1ヶ月風通しを行った後、ご入居していただきます。
いよいよ新生活のスタートです。 我々はお引渡しをした後から、新たなお付き合いの始まりだと考えております。 メンテナンスに関してなど、様々なご相談をお受けしながら、 少しでも永くお付き合いさせていただきたいと思います。
workflow3_07    

 

workflow3_11

 

▲ページトップ